白河桃子の恋愛サイエンスカフェ

今回のゲストは、東京大学教養学部付属教養教育高度化機構で教鞭をとる坂口菊恵さん。著書『ナンパを科学する』では、さまざまな科学的データを用いて、進化心理学の領域からナンパや配偶行動を検証して話題になりました。この対談でも、男と女の感じ方の違いや配偶者獲得の戦略について、たっぷりとお話していただきます。

第4回 婚姻システムの意味とは?

白河さん 男だったら転勤先で恋人ができたら、結婚して連れ帰ることができるけど、女性は「養ってあげるからついてきて」とは言えないでしょう。そこはまだ性差があるところなのかなと思います。

坂口先生 そもそも働く人にも家族があるんだということを考慮した社会システムになっていないですね。専業主婦と子どもは付属品で、どこでも連れて行ける、扶養していればいい、自営業は放っておけばいいという考えでいろいろな制度が作られてきている。そこが根本的に変わらなければ無理でしょうね。

白河さん 今、高収入の女性は、それ以上稼ぐ男性を見つけるか、見つからなければ結婚しないか、という選択肢しかありません。なので、自分より稼ぎが少ない男性も好きになろうよと呼びかけているのですが、無理があると思いますか。

坂口先生 そんなことはないと思います。代わりに家事や育児を一生懸命にやるとか、付加価値のサービスがあればいいと思う。とはいえ、男性に家事をさせたくないという女性もいますから、それはそれで多様な生き方があることを認める制度になればいいのではないですか。でも日本はそれをすごく嫌がりますよね。ベストのものはこれ、それをみんなで踏襲しなさいという傾向が強い。

白河さん 選択肢を与えると、みんな迷ってしまうからでしょうね。日本人は上から言われた通りに、「お父さんが稼いで、お母さんが子育てして、子どもが二人という家庭が当たり前」だと簡単に信じ込んだ。だから「これからは共働き家庭が標準家庭になります」と、もう1回ドラスティックに制度を変えてしまったらどうかと。その後に、ようやく多様な生き方が出てくるのかなと。

坂口先生 キャリア志向もあるし、専業主婦志向もあると、多様性を認めるのが成熟した社会だと思います。でも日本はぜんぜんそうなっていない。最初から「これがいいはずだ」「これが正しいはずだ」と決めてしまうと見えなくなるものがあります。逆の立場になったらどうなの、損になる人もいるよね、という風に見ていくことによって、わかることもあると思います。



今週の気になる「お言葉」
動物の配偶戦略では、雄も雌も「今の状況ではベストだ」と妥協して相手を決めます。そうしないと配偶して子孫を残していけないので。

両親ともに成熟して、長く一緒にいたい、子どもも育てたいという年代になると、お互いに性的な魅力は下がっているし、そもそもパートナーも見つからないかもしれない。いろいろな段階でトレードオフがあるので、自分はどちらにウエイトを置くかはっきりさせないと。

相手にアプローチされるのを待っていてはだめですね。自分にも選択権があることを自覚しないと。動物行動学では、一般的なセオリーとしては雌が選択するわけですし。

働く人にも家族があるんだということを考慮した社会システムになっていないですね。専業主婦と子どもは付属品で、どこでも連れて行ける、扶養していればいい、自営業は放っておけばいいという考えでいろいろな制度が作られてきている。そこが根本的に変わらなければ無理でしょうね。





写真

白河桃子
ジャーナリスト&
ライター

家族社会学会会員。慶應義塾大学文学部卒業後、大手商社に入社。外資系証券会社を経てジャーナリスト、ライターとして活躍。「プレジデント」「日経ビジネスオンライン」、「婦人公論」など多数の女性誌に執筆。女性の年代別ライフスタイル、未婚晩婚、少子化などに関するインタビューがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活(結婚活動)」を提唱し、共著の『「婚活」時代』は19万部のヒットに。著書に『キャリモテの時代』ほか、最新著書に『セレブ妻になれる人、なれない人』がある。
ブログ:http://www.diamondblog.jp/touko_shirakawa/



写真

坂口菊恵
東京大学 教養学部付属教養教育高度化機構 特任助教

1973年、北海道生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。日本学術振興会特別研究員。上京後、数年間のフリーター生活を経て東京大学に入学し、進化心理学を学ぶ。専修大学、早稲田大学、東京女子大学の非常勤講師を経て、2010年より現職。09年、ヒトの恋愛・性行動にまつわる疑問を進化心理学の視点から検討した著書『ナンパを科学する——ヒトのふたつの性戦略』(東京書籍)を発表して注目を集める。
http://orange.zero.jp/ksakaguti.bird/