白河桃子の恋愛サイエンスカフェ

今回のゲストは、東京大学教養学部付属教養教育高度化機構で教鞭をとる坂口菊恵さん。著書『ナンパを科学する』では、さまざまな科学的データを用いて、進化心理学の領域からナンパや配偶行動を検証して話題になりました。この対談でも、男と女の感じ方の違いや配偶者獲得の戦略について、たっぷりとお話していただきます。

第3回 女性が好む男性、男性が好む女性

女性は資産狙いで、男性は若い美女狙い。身も蓋もない話だけれど、これが男性と女性の本音だという。女性の場合は、ホルモンの影響を受けて、1カ月のうちに男性の好みがシフトするという事実も! 排卵前の女性は性行動に積極的になるが、相手は「イケメンに限る」という厳しい言葉も出て……。

白河さん 『ナンパを科学する』では配偶者選びの戦略についても取り上げていますね。一般的に、女性はどんな男性を好み、男性はどんな女性を好む傾向があるのでしょうか。

坂口先生 一言で言うと、女性は男性の資産狙い、男性は美女狙いです。

白河さん そう言ってしまうと、もう身も蓋もない(笑)。本当にそうなんですか。

坂口先生 実際に調査をしてデータを取ってみるとそうなってしまいます。しかも女性が経済力をつけていくと、さらに自分より上の収入がある男性を好むようになりますね。

白河さん 女性も男性も、異性を短期的な性的相手と見るか、長期的な性的相手と見るかによって、判断基準が変わってくるとおっしゃっていますが。

坂口先生 女性は、長期的な相手ならば誠実に自分に投資してくれる男性を好みます。短期的な相手ならば身体的魅力を重視します。でもやはり、女性は「短期的配偶戦略」でも「長期的配偶戦略」でも一番は資産ですね。短期の場合は、すぐその場でなんらかの投資をしてくれればいいやと。その極端な場合は売春になってしまいますけど。

白河さん どの国でも同じでしょうか?

坂口先生 女性が男性よりも相手の経済力を求めるという性差は、女性に労働市場が解放されている北欧などでは縮まってきています。男女がわりと対等な社会では、パートナーに求めるものの違いは、その差が縮まってくるということです。

白河さん 男性も長期的戦略、短期的戦略で相手に求めるものが違いますか。

坂口先生 男性は、長期的な相手ならば貞節な女性を好みますが、短期的な相手ならばそうではない女性を好みます。あとはどのくらいの年齢を求めるかですね。だいたい世界的に見て、夫婦、カップルの年齢差は男性が2~3歳くらい上なのが平均的。男性の社会的な地位が上がるにつれて、もっと若い女性を好んだり、一夫多妻の社会では男女の年齢差はもっと開いたりします。他の霊長類、乱婚のチンパンジーやニホンザルでは、むしろ繁殖経験のある年齢のいった雌が好まれるようですが、人間は20代前半の若い女性が好まれます。

白河さん 女性は資産狙い、男性は「若い」美女狙い……。

坂口先生 逆に言うと、男性は自分のお金だけ狙ってくる女性を嫌がるし、女性は見た目を云々されるとセクハラだと不快になる。お互いに何を気にしているか、それは皆さんわかっていることで、何も新しい情報はないですね。

白河さん 最近は男性より収入の高い女性も増えていますが、男性はどうとらえているのでしょう。

坂口先生 お金のない男性は収入のある女性を求めるかというと、そんなに大きな差はありません。初めにも言いましたが、女性の場合は、自分に500万円の収入があったら、相手の男性にはもっと求めるのが一般的ですね。中には男性をたくさん養いたい(笑)というセレブ女性もいるでしょうが、現実には、男性の収入がものすごく低かったり、男女の年齢差が10歳、20歳と大きいと破局しやすい、暴力的な悲惨な結末を迎えやすいといわれています。





写真

白河桃子
ジャーナリスト&
ライター

家族社会学会会員。慶應義塾大学文学部卒業後、大手商社に入社。外資系証券会社を経てジャーナリスト、ライターとして活躍。「プレジデント」「日経ビジネスオンライン」、「婦人公論」など多数の女性誌に執筆。女性の年代別ライフスタイル、未婚晩婚、少子化などに関するインタビューがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活(結婚活動)」を提唱し、共著の『「婚活」時代』は19万部のヒットに。著書に『キャリモテの時代』ほか、最新著書に『セレブ妻になれる人、なれない人』がある。
ブログ:http://www.diamondblog.jp/touko_shirakawa/



写真

坂口菊恵
東京大学 教養学部付属教養教育高度化機構 特任助教

1973年、北海道生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。日本学術振興会特別研究員。上京後、数年間のフリーター生活を経て東京大学に入学し、進化心理学を学ぶ。専修大学、早稲田大学、東京女子大学の非常勤講師を経て、2010年より現職。09年、ヒトの恋愛・性行動にまつわる疑問を進化心理学の視点から検討した著書『ナンパを科学する——ヒトのふたつの性戦略』(東京書籍)を発表して注目を集める。
http://orange.zero.jp/ksakaguti.bird/