白河桃子の恋愛サイエンスカフェ

ゲストは早稲田大学教授の森川友義さん。早稲田大学130年の歴史上初という「恋愛学」の講座を担当し、学生たちに大人気を博しています。「恋愛とは広義の意味で政治。男女の駆け引きであり、誰でも政治脳を駆使している」と森川さん。辛口のコメントは胸にぐさりと突き刺さるけれど、頭を政治脳に切り替えて、恋愛と結婚を見てみませんか。新たな発見があるはずです。

第4回 今後の日本の結婚や恋愛の行方

セレブ妻になることを夢みたり、元カレとの復縁に固執するのは非現実的。これからは夫の年収に頼らず、二人で働いて、二人で子育てする社会。仕事と子育ての両立を応援する政策が求められるとともに、女性も男性も「世帯年収で子育てする」という発想に切り替えることが必要だ。

白河さん 最近、元カレと復活させるためのノウハウ本が売れています。婚活ブームも極まり、あちこちに手を出したけれど、いい男がいなかったから元に戻ってきたのではないかと。男性の恋愛バブルが終わって3~4年経っているのに、女性のほうが諦め切れなくて、またバブルを戻したいと思ったら可能でしょうか。

森川先生 それは無理です。その前提条件をご説明しましょう。恋愛というのは経済学でいうところの「最適化」のプロセスではなく「満足化」のプロセスです。家を買う、洋服を買うという時には、気に入ったものを横に並べて、合理的に判断します。これが「最適化」です。他方、恋愛というのは、1回ごとにイエス・ノー、イエス、・ノーでやっていかなければならない。ここで手を打つか、やめて次にいくかという判断になり、横に並べることができません。従って「もっといい人が現れるかもしれない」症候群に陥りやすくなります。

白河さん もっといい人が現れると思って、今の彼氏と別れるわけですね。

森川先生 ところが、次の人は魅力的に劣る場合もある。さらにタイムリミットが近づいていたら、過去を振り返ってしまうのではないですか。結婚は「満足化」のプロセスを踏まざるを得ない、だから難しいというところを押さえておかなければいけません。

白河さん でも現実には、元カレと復活する例もありますよね。

森川先生 復活を可能にするには条件があります。まず一つには、お互いの魅力が低い場合。男の選択肢も女の選択肢も限られている、モテない同士というと語弊がありますが、その場合は可能だということ。男が99点でいくらでも相手が見つかるような状況で、なぜわざわざ過去を振り返らなければならないか。これはあり得ない話です。

白河さん 相手が落ちぶれるのを待つしかないわけですね。キムタク(木村拓哉)主演の月9ドラマ「月の恋人」(2010年5~7月、フジテレビ)はまさにそうでした。社長だったキムタクが落ちぶれて、最後には長年の友だちだった女性の家の前で寝ている。彼女は彼のことがずっと好きだった。それが道におちているのですから喜んで拾うでしょう。これが女の子たちの新しいロマンかなと思いました。

森川先生 しかし一度壊れた恋愛を復活させるためには、新しい魅力を提供しなければならないんですよ。恋愛をするということは繁殖行為を行うことです。これも表現が難しいのですが、男性の場合は普段は排泄用に使われている性器を、短期的に繁殖用に変えなければならないわけです。つまり勃起をさせなければならない。そうしないと恋愛は成立しない。過去の女性にそれが可能になるのかというと、なかなか難しい。





写真

白河桃子
ジャーナリスト&
ライター

家族社会学会会員。慶應義塾大学文学部卒業後、大手商社に入社。外資系証券会社を経てジャーナリスト、ライターとして活躍。「プレジデント」「日経ビジネスオンライン」、「婦人公論」など多数の女性誌に執筆。女性の年代別ライフスタイル、未婚晩婚、少子化などに関するインタビューがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活(結婚活動)」を提唱し、共著の『「婚活」時代』は19万部のヒットに。著書に『キャリモテの時代』ほか、最新著書に『セレブ妻になれる人、なれない人』がある。
ブログ:http://www.diamondblog.jp/touko_shirakawa/



写真

森川友義
早稲田大学国際教養学部 教授

早稲田大学政治経済学部政治学科卒、ボストン大学政治学部修士号、オレゴン大学政治学部博士号取得。国連開発計画(UNDP)、国際農業開発基金(IFAD)など国連専門機関に10年勤務。アイダホ州ルイス・クラーク大学助教授、オレゴン大学客員准教授などを経て、現職。専門分野は進化政治学、国際関係論、日本政治。2008年より早稲田大学にて「恋愛学入門」を開講。恋愛学に関する主な著書に『いますぐカレと結婚!』(講談社)、『なぜ日本にはいい男がいないのか21の理由』(ディスカヴァー21)などがある。
公式サイト http://www.justmystage.com/home/tmorikawa/