白河桃子の恋愛サイエンスカフェ

ゲストは早稲田大学教授の森川友義さん。早稲田大学130年の歴史上初という「恋愛学」の講座を担当し、学生たちに大人気を博しています。「恋愛とは広義の意味で政治。男女の駆け引きであり、誰でも政治脳を駆使している」と森川さん。辛口のコメントは胸にぐさりと突き刺さるけれど、頭を政治脳に切り替えて、恋愛と結婚を見てみませんか。新たな発見があるはずです。

第3回 恋愛における3つの市場を知り、市場を制覇せよ!

恋愛とは「自分の資産価値を前提にした物々交換」、男性も女性も恋愛市場においては商品と自覚すべし。結婚を望むなら「結婚市場」において、相手の望む資質を高めること。今すぐ結婚したい女性は、男性がラブラブ状態で舞い上がっている「結婚バブル期」に一気に攻勢をかけると成功率が高まる。

白河さん 「恋愛学入門」の講義では、「進化生物学、遺伝学、心理学、経済学、政治学の分野で集められたデータを中心に、『五感と配偶者選び』『恋愛市場の原理』を主な柱として解説する」としていますね。

森川先生 恋愛は五感(視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚)でするものなので、五感的にどうやって自分を磨いていくかが重要です。また、恋愛は自分の資産価値を前提にした物々交換ですから、女性も男性も恋愛市場においては商品です。よりよい恋愛をするということは、自分の資産価値をいかにして高めるかということに尽きます。

白河さん 恋愛に大切だといわれるコミュニケーション力も、自分の資産価値を相手にアピールするための手段なのですね。

森川先生 言葉を使い、聴覚を使っているわけです。そうして相手の売り、自分の売りを点数化して考えたとすると、60点の男性はだいたい60点の女性とカップルになることが多い。これを「恋愛均衡説」といいます。

白河さん 女性の売り、男性の売りは、それぞれ何でしょう。

森川先生 女性で重要なのは「見かけ」、男性で重要なのは「年収」といわれています。でも、それはあくまでも基本であって、それ以外にも高めていくべき項目はあると思います。

白河さん 女性は何を高めていくべきですか。

森川先生 我々の遺伝子は狩猟採集時代の遺伝子とほぼ同じ。変わっていない以上、我々が根源的に女性に求めるのは、出産と子育ての能力ですね。つまり栄養的にバランスがとれていて、夫と子どもをケアできるかということです。料理の能力は大きいですし、与えられた資源をちゃんと子どもに提供できるかも求められます。男性の場合は、経済的資源を獲得し、それを母子に安定的に供給できるかが重要です。つまり優しくて、浮気をしないというところが大切な能力ですよね。

白河さん やはり女性の資産としては、健康が重要だと?

森川先生 もちろん大変重要ですが、まずは自分を得る市場は3つあることを知らなければいけません。それは「結婚市場」「恋愛市場」「浮気市場」です。





写真

白河桃子
ジャーナリスト&
ライター

家族社会学会会員。慶應義塾大学文学部卒業後、大手商社に入社。外資系証券会社を経てジャーナリスト、ライターとして活躍。「プレジデント」「日経ビジネスオンライン」、「婦人公論」など多数の女性誌に執筆。女性の年代別ライフスタイル、未婚晩婚、少子化などに関するインタビューがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活(結婚活動)」を提唱し、共著の『「婚活」時代』は19万部のヒットに。著書に『キャリモテの時代』ほか、最新著書に『セレブ妻になれる人、なれない人』がある。
ブログ:http://www.diamondblog.jp/touko_shirakawa/



写真

森川友義
早稲田大学国際教養学部 教授

早稲田大学政治経済学部政治学科卒、ボストン大学政治学部修士号、オレゴン大学政治学部博士号取得。国連開発計画(UNDP)、国際農業開発基金(IFAD)など国連専門機関に10年勤務。アイダホ州ルイス・クラーク大学助教授、オレゴン大学客員准教授などを経て、現職。専門分野は進化政治学、国際関係論、日本政治。2008年より早稲田大学にて「恋愛学入門」を開講。恋愛学に関する主な著書に『いますぐカレと結婚!』(講談社)、『なぜ日本にはいい男がいないのか21の理由』(ディスカヴァー21)などがある。
公式サイト http://www.justmystage.com/home/tmorikawa/