恋するオトコのヒット法則

第3回:ひと手間かけたメールで“あなたのため”を伝えよう!

“一方通行”“テンプレ感”“質問攻め”は3大NG

前回に引き続き、女性会員のアンケートをもとに、好感を与えるメール、嫌な印象を与えてしまうメールの具体的な文面について見ていこう。

女性会員の声でまず多いのは、「自分の話ばかり長々と書かれている」「一方的な自己紹介が書き連ねてある」といった<一方通行>のメールは嫌だという意見。これはつまり、不特定多数に向けたプロフィール=パンフレットの段階を抜け出せていないってことですね。

これはよく言われることだけど、メールは相手とのキャッチボールだからね。最初から、自分のことばかり語る剛速球を投げても、相手は受け取れないよ。昔のスポ根マンガじゃないんだから、「俺のすべてを受け止めてくれ!」は、重いでしょ(笑)? まずは一球投げてみて、相手のリアクションを見ながら、次は取りやすいボールを投げてあげる必要があるね。

自己紹介や自己アピールは、誰に送るのも一緒だから……と、定型文やテンプレートで長文を送ってしまう男性が多いのかもしれませんね。

女性会員からの意見でも、「誰にでもあてはまるような文章」「大勢に一斉送信しているようなメール」「こちらのプロフィールをちゃんと読んでいない」など、<テンプレ感>があるメールを嫌がる声はとても多いよ。

定型文を送ってくるなんて、“誰でもいい”と言っているのと一緒ですからね。男性が思っている以上に、女性は「自分の言葉で書かれている」かどうかを敏感に察知しているんです。

逆に、好感度が圧倒的に高いのは、「私のプロフィールをちゃんと読んでくれたとわかる内容」のメール。それも、“プロフィールを見ていいなと思いました”だけではダメで、きちんと「どこに魅かれたのか、どこに共感したのか具体的に書いてくれている」ことが重要みたいだね。

女性って、「私と同じ」「私のことをわかってくれる」「私のために何かしてくれる」といった“私だけ”の特別感に本当に弱いんですよ! そしてそれは、個別のメールのやりとりでなければ満たせないもの。だからこそ、メールはたくさんの“あなただけ”を伝える大チャンスなんです!

相手のプロフィールをきちんと読めば、「僕と同じですね」「僕もそう思います」「あなたのココが素敵だと思います」という“共感・共有”ポイントが必ず見つかるはず。それをメールの文面に盛り込めば、その後のキャッチボールの糸口にもなるよね。自己紹介するだけして、やりとりが盛り上がらずに終わってしまった…なんてこともなくなるはずだよ。

自己紹介を書いたら、それと同じか、それ以上に相手のプロフィールについても触れてあげる…くらいのバランスがいいのかもしれませんね。女性会員からも、「返事がしやすいように軽い質問が添えられている」と好感度が高い、という意見がありました。

「質問メールは返信をもらいやすい」というのは、メール術のテクニックとしてはベタすぎるけどね(笑)。とはいえ、「あなたのことがもっと知りたい」という態度を示し、“共感・共有”を誘うという意味では、やはり有効な手段なんだろうな。

ただし、「質問攻めのメールは返信に困る」「根掘り葉掘り聞かれるのはいい気持ちがしない」といった意見もありました。たしかに何度も質問を繰り返されると、答えるのが義務になって、かえって返信がおっくうになってしまうかも……。バランスが難しいですね。

一方が質問して、もう一方が答えるという関係が繰り返されると、質問する側が自然と強い立場になって、相手を支配しようとしている印象が生まれてしまうんだ。それに、誰だって要求を突き付けてくるメールは嫌だろう? 質問も、聞き方次第ではただの要求になってしまうからね。

「~は好きですか?」「~はしますか?」「~を教えてください」と、決定的・断定的な答えを求めるような質問ばかりするのは、やめたほうがいいかも。「~なんですね」「~はどうですか?」など同意を誘って、相手から“共感・共有”を引き出すような聞き方だと、答えやすいですね。

「返信しなきゃいけない」と思うと、それがストレスになる。女性が“逃げる余地”を作ってあげるのも、メールでは必要なのかもしれないね。

結局、相手への気遣いができるかどうかってことなんだと思いますよ。自分への気遣いを感じると、それが“私だけ”の特別感につながるんです。たとえば、「誤字脱字が多いメールは嫌だ」という意見も、誤字脱字そのものが嫌なんじゃなくて、“メールを読み返してない”ってことが嫌なんです。「あ、大切にされてないな」と思っちゃう。

メールはプレゼンだと思え、というのはまさにそういうこと。プレゼン資料を読み返さないビジネスマンなんかいないだろう? なのに、女性へのメールではそれをしてしまっているんだ。「○○さん」という呼びかけがないメールや、長文の自己紹介しかないメールが女性から嫌がられるのも、ひとりよがりで、そこに“私のため”を感じないからだよ。

男性って一般的に面倒くさがりな部分がありますもんね。それを「どう書いたら喜んでもらえるだろう?」と同じ目線に立つだけで、女性からのメールの反応は格段によくなると思いますよ!

<テンプレ感><一方通行><質問攻め>とメールの3大NGを確認したところで、次回は“私だけ”の特別感を演出するうえで知っておきたい、男女の考え方の違いに迫ってみるよ。

(編集:福田フクスケ、イラストレーター:ながれださわ)



プロフィール

ヨツモト先生
筑波大学大学院客員准教授。神奈川県横浜市生まれ。東京大学工学部化学工学科卒業。大手飲料メーカーを経て現在は大手広告代理店勤務。主たる専門領域は、消費心理・動向分析、地域ブランド開発、ワークショップファシリテーション。
ニシイ助手
大手広告代理店のマーケティング部門で、10〜20代の若年層を中心にしたプロジェクトメンバー。リサーチからプランニングまで幅広い商品開発やコミュニケーション戦略立案などを手掛ける。